6370円 INKO 【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO Heating Mat Heal グレー IK20161 家電 季節・空調家電 ストーブ・ヒーター その他 グレー,6370円,INKO,IK20161,Heating,【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO,家電 , 季節・空調家電 , ストーブ・ヒーター , その他,Mat,Heal,/alexipharmacum2012794.html,zoz.co.jp グレー,6370円,INKO,IK20161,Heating,【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO,家電 , 季節・空調家電 , ストーブ・ヒーター , その他,Mat,Heal,/alexipharmacum2012794.html,zoz.co.jp INKO マラソンでポイント最大43.5倍 Heating Mat グレー IK20161 Heal 直送商品 INKO マラソンでポイント最大43.5倍 Heating Mat グレー IK20161 Heal 直送商品 6370円 INKO 【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO Heating Mat Heal グレー IK20161 家電 季節・空調家電 ストーブ・ヒーター その他

INKO マラソンでポイント最大43.5倍 Heating Mat グレー 無料 IK20161 Heal 直送商品

INKO 【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO Heating Mat Heal グレー IK20161

6370円

INKO 【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO Heating Mat Heal グレー IK20161








・世界初、インクで温かくなる特許技術で実現した厚さ1mmのUSBヒーター
INKO Heating Mat Heal (インコ・ヒーティングマットヒール)は、銀ナノインクを発熱素材として使用した、世界初のUSBスリムヒーターです。薄さ1mm、肌触りの良い柔らかい素材で製造されており、くるっと巻いて簡単に収納することが出来ます。オフィスや、外出時などにも気軽に持ち運べ、安心・安全で温かい、革新的な暖房グッズです。

●世界初の特許技術、インクで温めるヒーティングマット
INKO Heating Mat Heal は、電熱線のかわりに銀ナノインクを使用した温熱マットで、今までに無い革新的な暖房グッズです。
銀ナノインクを使用したことによって、マット全体が均一に加温され、心地よい暖かさが得られます。 TPUフィルムに銀ナノインクを薄く印刷する印刷電子(Flexible Electronics)技術を温熱マットに適用。これはINKOが10年以上をかけて開発した特許技術です。
※ INKOは多数の関連特許及びPCT(特許協力条約)を保有しています。

●薄さ1mm、気軽に屋外に持ち出せるスリムで軽量なデザイン
INKO Heating Mat Healは、薄さ「1mm」で軽さ「約105g」。
くるっと巻いて簡単に収納ができ、モバイルバッテリーに接続して使えるので、オフィスなどの屋内での利用はもちろんのこと、行楽シーズンでのレジャーやアウトドアでも気軽に持ち歩いて利用できます。

●短時間で広範囲を均一に加温
スリムなデザインながらも、わずかな時間で40℃以上に温まります。 銀ナノインクをシート全体に広く印刷することで広範囲をカバー。短時間でむらなく加温することを実現しました。
※ INKO(インコ)のヒーティングマットの場合、超スリム製品の特性上、別の断熱材が使用されていないため、大気中に商品だけを取り出して置いた場合には熱損失現象により発熱温度が低く感じる場合があります。商品を薄布と一緒に使用すると、製品の発熱効果がより大きくなります。

●電磁波ゼロにECO素材、人にも環境にも優しい安心設計
銀ナノインクで発熱するため、人体への影響が心配される電磁波は発生いたしません。お子様やお年寄りの方はもちろんのこと、ご自宅のペットにも安心してご利用いただけます。
素材には環境と体の両方にやさしいTPUを採用。柔らかく、軽量にも関わらず耐久性が強いTPUは、リサイクルがしやすいなど環境にも配慮されています。適度なフィット感があり、滑り落ちにくく、傷や割れ、汚れにも比較的強い素材です。ウェットティッシュなどで軽く拭き取るなど、お手入れも簡単です。
生産工程においても既存の工程より環境に優しい印刷工程を採用することでシンプルに暮らせるエコロジーなライフスタイルを完成させます。
※ヨーロッパにおける電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令(RoHS指令)の基準を満たし、商品がEU加盟国すべての安全基準を満たすものに付けられるCEマークを取得しています。また、電気機器の分野における国際的な規格認証制度IECExにも適合した製品ですので、安心してお使いいただけます。

●電気無駄使いを防ぐ電源自動OFFシステム
INKO Heating Mat Heal は、約12時間が経過すると自動で電源がオフとなる安心の「スリープモード」機能があり、思いがけず長時間使用になってしまうときや、電気をつけたまま外出してしまうなど、万が一の事態でも安心です。

●スマートセルフヒューズシステムで火災を防止
過度に負担がかかったり、異常な過熱(150度以上)が進んだ場合、ヒューズが切れる「スマートセルフフューズシステム」という機能が搭載されています。
高温限界を超えたときには周りのフィルムが収縮し、自動的に断線(Self-fuse)されるので、火災を未然に防ぐことができます。
※ 本システムは緊急停止装置のため、自動断線後に本製品を再利用することはできません。スマートセルフヒューズシステム (緊急停止装置)が作動し、製品の再起動が不可能になることについでは、本製品の仕様になるため保障の対象外になります。

●インテリアのアクセントとなるシンプルでモダンなデザイン
INKOは、シンプルでモダンなデザインをもとに新しいライフスタイルを作り上げています。 日常生活でインテリアとなるミニマリズムデザインのスマート製品は特別な体験をもたらします。

●電源操作・温度調節はワンタッチ、簡単操作
ワンタッチコントローラーで、簡単に電源のオン/オフと三段階の温度調節が可能。
LEDランプで温度段階の確認ができます。ご利用いただく方が感覚的に操作できるように作られたコントローラーです。
パワーボタンを一度押すと、電源がオンになります。次から一回ずつ押すごとに2、1とレベルが下がります。

●使い方
5V/1.5A以上の出力のモバイルバッテリー、または電源アダプタに本製品を接続し、ご利用ください。室内での利用はもちろんのこと、これからの秋の行楽シーンや春のお花見など、アウトドアでもぜひご活用ください。
※モバイルバッテリー、電源アダプタは付属しません。別途ご用意ください。
※PCなどからの給電は、PC本体に負荷を与える可能性があるため、使用しないでください。
※5V/1.5A以下の出力の電源元をご利用の際は、十分に暖かくならない場合があります。

【電源オン】
パワーボタンを一度押すと、電源がオンになります。
【温度調整、電源オフ】
パワーボタンを押すごとに段階的に2、1とレベルが下がります。

【利用シーン】
★冬のスポーツ観戦時に持参すると快適!
★海外旅行など旅行先での泊まりが寒い、しかし荷物は邪魔になるからいやな方に!
★キャンピングなどアウトドアに出かけるのが大好きな方の持っていくべき防寒グッズ!
★受験生のために電磁波フリーの温熱商品を用意してあげたい~!
★オフィス内でも他の方より寒さを感じる方はもちろん
★寝る際のベッドの上が冷たくて寝れない方も
★ベビーカーや子どものカーシートに温熱シートを置きたいが電磁波が心配な方まで

●ブランドストーリー
INKO(インコ)は新しい印刷電子技術を駆使して、私たちのライフスタイルに豊かさをもたらすことを目指して誕生したブランドです。薄くて軽い、私たちの日常をより便利にするためのヒーターづくりを追求しています。
ブランド名は、「INK(インク)」+「ECO(エコ)」の言葉を掛け合わせた造語です。
●製品名:INKO Heating Mat HEAL(インコ ヒーティングマット ヒール)
●モデル:PD-270
●サイズ:パッド/直径270×1mm、リモコン部/37.5×25×10mm
●ケーブル長さ:約170cm(USB・リモコン部分含み)
●入力:5V/1.5A
●電力:7.5W
●温度調整機能:3段階調整
●製造:韓国
●保証期間:1年

INKO 【マラソンでポイント最大43.5倍】INKO Heating Mat Heal グレー IK20161

')

<title>INKO マラソンでポイント最大43.5倍 Heating Mat グレー IK20161 Heal 直送商品 " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報