Top » 住宅 » 十勝事務所 » 戸建て » 山田邸

山田邸

森の中の家yamada01.jpgth_01土間.jpgth_02板間.jpg
th_03WS.jpg

大きな土間:冬は太陽熱を蓄熱するとともに、子供2人が存分に遊べる部屋に。


<山田さんからお言葉を頂きました!!>

今、我が家の土間では子供たちの笑い声が響いています。
雨の日も雪の日の夜でも朝でも、走ったりボールを投げたり競争したり。
テントを貼って寝てみたりもします。
晴れている日は、窓を開けて近所の子や犬が出たり入ったり。
外と中との中間、とても大切な空間になっています。

素敵な土地と巡り会ってから、自分たちが住みたい家を立てるにはどうしたらよいか、と色々な家を見たり話を聞いたりしました。
しかし、「体育館のような場所がある家」という第一希望を真面目に聞いてくれて考えてくれる所はなかなかありませんでした。
そんな時、象設計さんの建物と出会い、コンセプトに惹かれて話を聞いてもらうことになりました。
象設計さんは私達の希望を細かくまじめに聞いてくれて、私達家族を理解し、毎回何通りもの提案をしてくれました。
設計に長い時間をかけさせてもらいましたが、本当によく付き合ってもらえた、と感謝しています。
私達がのんびりしている間に希望が膨らんで、最後まで細かい変更を繰り返してもらい、納得して設計を完成させた気がします。

実際の我が家は、壁や床、外壁が主張しすぎず自然で居心地がよく、窓から見える風景や光、風などが日々変化をもって感じられます。
生活空間は全体に繋がりのある作りなので想像よりも広く感じます。
家族の気配が感じられる家だと思います。


チビスロウ 中札内版 2011 に山田邸が掲載されています。

建築概要
竣工年 2007
所在地  北海道 中札内村
構造規模 木造枠組壁構造 2F
延床面積 108.48㎡