2018年11月19日

象設計集団 「か木くけ子どもの家」展

2018年11月26日(月)よりGallery TEN(東京 新橋)にて開催いたします。


  象設計集団 「か木くけ子どもの家」展


子どもにとって「木」の環境とは? 昨年刊行した象設計集団『11 の子どもの家』から、いくつかの保育園、 幼稚園、子ども園園舎を、さらに、その後竣工したものも合わせて展示いたします。 
「か木くけ子どもの家」の木は、環境、自然、日本の家、生活の文化、手触り足触りなど、多様で大切なテーマを含んでいます。子どもたちの育つ場に欠かせない木です。展覧会では木造園舎の架構模型、厚い杉板を釘打ちせずに落とし込んだ床の再現、そして地域の木を使った園舎で過ごす子どもたちの日常を伝える写真などを展示します。 

期間:2018年11月26日(月)〜2018年12月22日(土)
   月曜日〜金曜日/ 10:00〜18:00
          土曜日・祝日     /12:00〜18:00 (※日曜日は休廊です)
   観覧自由、お気軽にお立ち寄りください。

場所:Gallery TEN
          東京都港区新橋二丁目20-15 新橋駅前ビル1号館8階  (JR新橋駅 汐留口前)

期間中、園長先生によるギャラリートークも開催いたします。

ギャラリートーク 

各回定員 30 名(先着順) *参加料 1000 円(ワンドリンク付き)
 ❶12 月 13 日(木)18:00~20:00 
 ゲスト 齊藤真弓(うらら保育園)× 鐘ヶ江文子(久留米幼稚園) 
日本らしい暮らしの場があるうらら保育園、一人一人の子どもを暖かく見守っていくような園舎を現在計画中の久留米幼稚園のお話を伺います。 
❷12 月 20 日(木)18:00~20:00

 ゲスト 井上亘(認定こども園めごたま)× 山下佳子(美空野保育園) 
山形の小さな町で山と里の環境をダイナミックに生かしためごたま園、小さな小さな家のような園舎と森の園庭の美空野保育園のお話を伺います。 

皆様お誘い合わせの上、是非お越しください。
ご来場をお待ちしております。

か木くけ子どもの家1.jpg か木くけ子どもの家2.jpg